ロングパットを2パットで入れる方法!

ロングパットを2パットで入れる方法

基本

ロングパットの基本的な打ち方はショートパットと同じですが、距離が長い分振り幅が大きなくなる為に、腕・肩・グリップで作る五角形が崩れやすくなり、手首も折れやすくなるので、常に五角形と手首の角度に気をつけてスロトークしましょう。

 

また、ショートパットと同じようにグリップをやさしく握ることにより、ヘッドの重みを感じる事ができ、ヘッドが走り転がりの良いパッティングになるので、グリッププレッシャーをしっかり緩めてストロークしましょう。

 

 

 

ロングパットを2パットで入れるには?

ロングパットで一番重要なことは、ファーストパットでカップインしなかった場合に、2打目のパットをどこにどの位の距離を残すかをしっかり考えてパッティングすることです。

 

 

 

まずはカップの方向を考える

当然ファーストパットでは、カップを狙うわけですが、特に15ヤードを超えるようなパットではカップインの確率は限りなく低くなるため、カップを直接狙うことは避けて、上りの1mのパットを残すことに意識を変えます。

 

距離感は、スタート前のパッティング練習でしっかり確認する

コースによってグリーンのスピードは違いがあるので、必ずスタート前にグリーンのスピードを確認します。確認方法は、基準の距離(例えば10ヤード(10歩))を決めて、カップ付近でボールが止まるまで体に染み込ませます。

 

時間に余裕があれば、上りや下りの基準の距離も練習することにより、パットの距離感は格段に向上します。プロゴルファーがパットを決める確率が高いのはセンスもありますが、アマチュアの何倍もの練習を行うことにより、距離感や方向性を養っている事を忘れてはいけません。

 

 

 

参考ドリル

参考ドリル1

山里愛“ロングパットの距離感を養うには?”

 

参考ドリル2

園田絵里子“2つで抑えるロングパット”

 

参考ドリル3

パターレッスン(ロングパット編)

 

参考ドリル4

ロングパットは叩くだけ

 

参考ドリル5

 

参考動画

参考動画1

 

参考動画2

 

参考動画3

 

スポンサードリンク


こんな記事も読まれています!


(1)ゴルフで確実に脱力してスイングする3つのポイントとは?
(2)ゴルフのオーバースイングの簡単な改善方法とは?
(3)誰でもできる!ドローボールの打ち方
(4)ヘッドスピードを確実に上げる6つの方法(飛距離を伸ばす方法)
(5)ゴルフ初心者が最短で100切りする為に必要な8つのポイントとは?
(6)ゴルフの上達には、自分の飛距離をしっかりと把握する!
(7)ゴルフ初心者が上達する為に必要な「6つのポイント」とは?
(8)もっと知りたい!ゴルフ雑学 厳選した10個の質問!
(9)ドライバーショット スライス防止の簡単な方法とは?
(10)誰でも簡単にできる!ロブショットのコツ
(11)アイアンでトップしない簡単な方法とは
(12)ゴルフは、練習場とコースでは、条件が違うを理解する!
(13)ゴルフスイング 飛距離アップに必要な3つのポイントとは?




トッププロのスイング動画


(1)松山 英樹プロ
(2)石川 遼プロ
(3)タイガーウッズ選手
(4)ジェイソン・デイ選手
(5)ロリー・マキロイ選手
(6)ダスティン・ジョンソン選手
(7)アーニー・エルス選手
(8)イ・ボミ選手
(9)渡邉彩香プロ
(10)リディア・コー選手
(11)ジェイミー・サドルフスキー「ドラコン世界王者」
(12)安楽拓也ドラコンプロ



 遠回りの練習で「時間」も「お金」も損してませんか? 各分野の達人のノウハウでスイングが劇的に変わります!


(1)谷原選手の連続優勝に貢献?ドラコン安楽プロのDVDとは?
(2)安楽・山田ドラコンプロが教える飛距離アップのノウハウ!
(3)女性のためのゴルフレッスンDVD
(4)谷将貴ツアープロコーチのスコアアップノウハウ
(5)ダウンブローの上達ノウハウ
(6)パット数減少のノウハウ
(7)90を切るためのテクニック
(8)アプローチ上達のノウハウ
(9)曲げて攻めるアイアンのノウハウ
(10)100切りの為のノウハウ






おすすめの関連サイトもご覧下さい!

アイアンを徹底分析!アイアン大全集はこちらです!
ドライバーを徹底分析!ドライバー大全集はこちらです!
ゴルフギアを徹底分析!ゴルフギア大全集はこちらです!
ゴルフ場予約サイトを徹底分析!おすすめのゴルフ場予約サイトはこちらです!
ゴルフ業界を徹底分析!ゴルフ業界リンク集はこちらです!


スポンサードリンク