ゴルフ初心者が上達する為に必要な「6つのポイント」とは?

ゴルフ初心者が上達する為に必要な「6つのポイント」とは?

ゴルフ初心者が上達する為に必要な「6つのポイント」を紹介します。

 

(1)手打ちを修正する
(2)スライスを治す方法
(3)飛距離アップの方法
(4)ヘッドスピードアップの方法
(5)ダフリとトップを治す方法
(6)脱力する方法

 

(1)手打ちを修正する

多くの初心者の方は、トップからの切り替えしで手が先行してしまう「手打ち」のスイングになっています。手打ちのスイングの場合、早く振っているつもりでもヘッドスピードが出ませんし、上体に力が入ってしまうために、弾道が安定しません。

 

 

ATLASゴルフスイングトレーナー GST-6

 

ヘッドスピード測定器を使うとよく理解できると思いますが、上体の力みがないスイングの場合と腕力に頼ったスイングの場合では、力みのないスイングのほうがヘッドスピードが出ますし、伸びのある弾道になります。切り替えしで左腰などの下半身が先行して、手が後から付いてくるスイングを身に付けましょう。

 

どこからダウンスイングを開始するの?

 

 

ダウンスイングを開始する際に強く意識するのは、左足親指と、左足かかとを真下に踏み込む」もしくは「左ひざをアドレスの位置に戻す」感覚で行って下さい。テークバックで右脇があかない程度までバックスイングし、その状態から(厳密にはトップに行く前に)左足を地面に押し込む様にするのです。腕はその勢いで勝手に落ちてくる感じです。

 

重要なので繰り返しますが、あくまで腕、上半身は左足の踏み込みにより結果として振り下ろされるという事になります。一つ注意点として、この方法で実際にスイングすると少しつま先が浮いてしまうのですが、極力つま先側をめくらないように踏んばることが大切です。

 

特にかかとのみを押し込むと腰が引いたスイングになり、逆に親指だけを押し込むと上半身が突っ込みやすくなってしまいますので、あくまで左足の内側全部で踏み込むイメージが大切です。このドリルで得られる効果としては身体が開かないでインパクトすることが出来る事です。

 

左腕主導や腰から切り返すと、どうしても降り遅れたり体が突っ込んでしまうというのは述べましたが、左足かかと・左足親指を真下に踏み込むことで、重心は左足に乗りながら、体の正面に腕がおりてくるので正確にボールを捉えることが出来るようになります。

 

(2)スライスを治す方法

多くの初心者ゴルファーが悩まされているスライス。スライス病を治すために、まずは、スライスになるメカニズムを理解しましょう。

 

スライスとはどんな球筋なのか?

右に大きく曲がっていく球筋。初心者のほとんどはスライスになり、ベテランゴルファーになってもスライスが持ち玉のプレーヤーが70%いると言われています。カット軌道でインパクトする為にスピン量が多く曲がるばかりで飛距離も出ない球筋。

 

 

なぜスライスになるのか?

球筋の多くはスイング軌道で決まります。アウトサイドインの軌道ならば、「スライス」もしくは「フェード」になり、インサイドアウトの軌道であれば、「フック」、「ドロー」になります。スライスの原因は、「ヘッドが外から入って内側に抜けていく」アウトサイドインの軌道を描いてしまうからです。

 

 

谷将貴ツアープロコーチのスコアアップノウハウはこちら

どうすればスライスを治せるの?

1番良い方法は、逆玉のフックを打てるようにすることです。フックが打てるようになると、スライスボールを打つ感覚(アウトサイドイン)がわかるようになり、アドレスやスイングのメカニズムを理解することができます。

 

ただし、アウトサイドインの軌道はいろいろな原因なので自分がどのようなスイングでアウトサイドインの軌道を描いているのか認識しましょう。

 

 

 

アウトサイドインの軌道になり易い6つのスイングとは?

(1)ダウンスイングで右肩が前に突っ込んでしまう為、ヘッドがアウトサイドイン(外側)から下りてきてしまう。

 

 

 

(2)テークバックで体が右側にスウェイ(ずれてしまう)する為、スイング軌道がズレてしまう。

 

 

 

(3)ダウンスイングで左腰が引けてしまう為、ヘッドがアウトサイドイン(外側)から下りてきてしまう。

 
谷将貴ツアープロコーチのスコアアップノウハウはこちら

 

 

(4)グリップがウィークグリップになっている為、インパクトした時にフェースが開いてしまいスライスになってしまう。

 

 

 

 

(5)アドレスで体が開いているため(オープン過ぎるアドレス)、ヘッドがアウトサイドイン(外側)から下りてきてしまう。

 

 

 

(6)ダウンスイングで力んでしまい、ターゲット方向に体が突っ込んでしまい、同時にフェースが開いてスライスしてしまう。

 

フックボールやドローボールが打てるようになる5つのポイントとは?

(1)グリップを少しだけストロンググリップにする。(詳細はグリップをご覧下さい。)

 

 

(2)アドレス時に少しターゲットより右側を向くクローズスタンスにする。

 

 

 

(3)インパクトを意識しないでフィニッシュの形を意識する。

 

 

 

(4)インサイドアウトの軌道をイメージしてスイングしてみる。

 

 

谷将貴ツアープロコーチのスコアアップノウハウはこちら

 

(5)フルスイングではなく、60%くらいの力感でスイングしてみる。

 

 

 

 

(3)飛距離アップの方法

どうしたら「飛距離が伸びるのか」?

まず、飛距離を決定する要素は、以下の3つです。

(1)ボール初速

(2)打出し角度

(3)スピン量

 

飛距離を伸ばすには、上記の「飛距離を決定する3要素」の各項目の数値を向上させることが必要です。特に初心者の場合、現状のヘッドスピードでの「ボール初速」・「打出し角度」・「スピン量」が適正値に比べて悪い数値になっており、各項目の数値を改善することにより大幅に飛距離アップする可能性があります。

 

飛距離アップを検証するために事前に準備するもの

飛距離アップを検証するために必要な道具があります。それは、弾道測定器です。この機械は、ヘッドスピード・ボール初速(ボールスピード)・ミート率・推定飛距離を簡単に計測してくれる機械です。

 

弾道測定器は、数種類販売されており、機械ごとに測定される数値が異なりますが、ユピテルかプロギアのどちらかを使用することをおすすめします。価格も6,000円から10.000円程度で購入できます。

 

ヘッドスピード等計測器(2016年モデル)はこちら! 

 
 
※ユピテル ATLASゴルフスイングトレーナー GST-6

 

弾道測定器を使用するメリットとしては、以下があります。


(1)小さな練習場でも、推定飛距離を把握することができる。   


(2)風の強い日などボールの飛びに大きく影響される条件の場合、ボールの弾道だけでは調子が良いのか悪いのか判断できない。(弾道測定器があれば判断できる)   


(3)成長の過程が数値として確認できる。   


(4)力んで打つより、肩の力を抜いたほうが数値が良いことが理解できる。

 

飛距離アップに必要な3つのポイントとは?

(1)ボール初速を上げる!

飛距離アップに最も影響するのが、ボール初速アップになります。ボール初速を1m/秒上げる事により、飛距離が約4ヤード伸びますので、10から20ヤード飛距離を伸ばすには、ボール初速を3から5m/秒上げることが必要があります。

 

ボール初速とは?

※ボール初速は、ヘッドスピードとミート率で決まります。つまり、ボール初速を上げるには、(1)ヘッドスピードを上げる、(2)ミート率を上げる、(3)両方共上げるという選択肢があります。

 

ヘッドスピードが40m/秒で、ミート率が1.4(芯に近い場所でショットした場合)、ボール初速は、40m/秒×1.4=56m/秒になります。初心者の場合、ミート率が1.3程度ですので、40m/秒×1.3=52m/秒になります。

 

推定飛距離は、56m/秒×4ヤードで224ヤード、52m/秒×4ヤードで208ヤードとなり、16ヤードの差が出てしまいます。初心者の場合には、ヘッドスピードを上げることも重要ですが、まずはミート率を改善することをおすすめします。

 

 

 

ミート率を上げるには?

※ミート率を上げるには、以下の4つポイントに注意してスイングします。

 

(1)フェースのスイートスポット(芯)でボールをヒットする。

フェースのスイートスポット(芯)でボールをヒットするのに有効な方法は、以下の3つです。

 

 

 

(1-1)グリップは短く握る

まずはグリップを短く握ってイメージトレーニングです。1インチ(約2.5cm)くらい余すくらいで良いです。

 

(1-2)ハーフショットをひたすら練習する

7アイアンを使用して、100ヤード程度を30%程度の力加減で打てるようになるまで練習します。この練習により、スイートスポットにボールをしっかり当ててボールを打つ感覚を養います。

 

(1-3)ショットマーカーを使って、ボールの打点を確認する

ショットマーカーを利用するとボールが当たっている場所が青色のマークで表示されるため、ミートした場所が一目で分かります。フェースのどこでボールを捕らえれば、ミート率が上がるのかスイング修正の判断材料の一つにもなります。

 

 

 

 

(2)ボールを捕まえる(ドローボールを打つ)

弾道測定器を使用して、スライスボールとドローボールを計測した場合、同じヘッドスピードならばドローボールの方が初速が上がります。(私も最低10,000球以上弾道測定器を使用してデータを確認しています。)
ボール初速を上げるには、ドローボールがおすすめです。

 

誰でもできる!ドローボールの打ち方 

 

(3)フォロースルーで加速するスイングをする

ボールに当たってから失速してしまうスイングの場合、ボール初速は上がりません。(フォロースルーが小さく、フィニッシュが低いスイング) トップまでのスイングより、フォロー側の方が大きくなるスイングを意識すると、ヘッドスピードも上がりますし、同時にミート率も上がります。連続素振りなどで、フォロー側が大きくなるイメージを理解してから打てば、目からウロコの弾道になります。

 

 

(4)高反発のドライバーに変える

上級者やゴルフ歴が長い方は、ミート率が限界値(1.5程度)に近い場合があります。限界値に近い場合は、現状のミート率を維持することを心がけて、ヘッドスピードを上げることにより飛距離を伸ばします。上級者やゴルフ歴が長い方は、スイングを変えずに、ドライバーを高反発に変えることにより、ミート率がさらに上がる可能性があります。

 

高反発のドライバー 2016年最新版! 

 

ヘッドスピードを上げるには?

ヘッドスピードを確実に上げる6つの方法!で紹介したポイントでヘッドスピードを上げます。

 

1.グリップ(できれば肩からの脱力)を握る力を緩めます

2.テークバックを小さく、フォロースイングを大きくするイメージを持つ!

3.ドライバーの場合、ビハインドザボールを意識する

4.ドライバーの場合、ダウンスイングで腰のあたりでクラブヘッドがグリップを追い越すイメージでスイングする

5.筋トレ(広背筋)でパワーアップ

6.長尺クラブでヘッドスピードアップ

 

(2)打出し角度を適正にする

ボールの弾道の高さは、基本的にクラブのロフトで決まります。ドライバーの場合、ロフト角度が9度もしくは10.5度になりますが、理想的な打ち出し角は13度から15度程度になっています。つまり、ロフト角+4度〜5.5度フェースが傾いた状態でインパクトしなければ、理想の打ち出し角になりません。

 

この状態を実現させるには、ボールより手前にスイング軌道の最下点があり、最下点を過ぎた後に緩やかな上昇軌道(アッパー軌道)でなければ、理想の打ち出し角にはなりません。

 

 

 

 

 

ドライバーショットでアッパー軌道にするにはどうしたら良いの?

ドライバーショットでアッパー軌道にするには、以下の2つのポイントを強く意識することが必要です。

 

(1)アドレスとビハインド・ザ・ボール

アドレス時に、右足体重(右足体重6:左足体重4)で構えておき、アッパー軌道になりやすようにする。そして、ダウンスイング時に左足側に突っ込まないようにする。(ビハインド・ザ・ボールを意識する)

 

インパクト時に体がターゲット方向に突っ込んでしまうと、ボールの最下点がボールもしくはターゲット方向になってしまい絶対にアッパー軌道になりませんし、ロフトが立ってしまうので(例:インパクト時のロフトが5度(9度-4度))、弾道が極端に低くなってしまいます。

 

 

 

 

 

(2)クラブヘッドがグリップ側を追い越すことをイメージする

特に重要なのが、ダウンスイング時に、腰のあたりで、クラブヘッドがグリップを追い越すイメージを持つことです。クラブヘッドがグリップ側を追い越すことにより、必ずアッパー軌道になります。これを意識するだけで、今まで打ち下ろしていたスイングの場合、弾道が飛躍的に高くなり、同時にスピン量も減りますので、なかなか落ちてこない強弾道になります。

 

(3)スピン量を適正にする

ドライバーショットの場合、スピン量が多すぎると飛距離が出ません。スピン量が多い弾道は、ボールの落ち際が垂直に近い弾道(いわゆる「お辞儀ショット」)になり、ランが出ません。特にアゲンストの場合には、極端にボールが飛ばなくなります。スピン量の適正値は、ヘッドスピードにより異なりますが、おおよそ2,000回転を目安にすれば理想の弾道になります。

 

 

 

ちなみに、市販の弾道測定器(10,000円程度の物)では、スピン量を計測することができません。高額なトラックマンやCG2などは計測できます。ドライバーショットで球の落ち際がお辞儀をするような場合、一度ゴルフ5などの量販店で、スピン量を計測してもらうのがおすすめです。

 

 

どうすれば、スピン量が減らせるの?

※スピン量を減らすに以下の3つの方法があります。

 

 

(1)スライス軌道の修正

スピン量が多い方の80%以上がカット軌道(スライス軌道)になっています。ボールをカットすることにより、スピン量が4,000〜5,000回転程度になってしまいます。この場合、アウトサイドインの軌道を修正する必要があります。

 

 

 

 

 

(2)フォローが大きいスイング

インパクトでスイングが終わってしまう方もスピン量が多い傾向にあります。ボールにインパクトした後もクラブを振り続ける意識を持ったり、トップまでの軌道より、フォロースルーを大きくするような意識を持つことにより、スピン量の減少とともにヘッドスピードも上げることができます。

 

 

 

(3)低重心・浅重心のドライバーを使う

ドライバーを低重心・浅重心の物に変えると、ギア効果によりスピン量を減らすことができます。ただしこの場合に期待できるスピン量は500〜多くて1,000回転程度と言われていますので、明らかにスピン量が多い方(スピン量が4,000〜5,000回転程度の場合)は根本的にはスイングを改善する必要があります。

 

 

 

 

(4)ヘッドスピードアップの方法

ヘッドスピードとは

クラブの先端部分であるヘッドのスピードで、男子プロで48から55位、女子プロで40から45位、一般男子が40から50位、一般女子が30から40位というのが、基準のスピードと言われています。ただし、計測器により3位の計測差があります。

 

男子プロが計測に使用しているのは、プロギアのRED EYES POCKETと同様の計測器になります。この計測器のヘッドスピードはシビアな数字が計測されますので、男子プロの凄さが理解できます。(この計測器で50以上出れば、しっかりミート場合に300ヤード飛ぶポテンシャルは十分にあります。)
 

ヘッドスピードの計測結果がシビアですが、推定飛距離が甘い設定のプロギア

 

 

 

 

RED EYES POCKET HS-110 ヘッド・ボールスピード・距離測定器

 

ヘッドスピードは甘めの設定ですが、推定飛距離がシビアなのがユピテルの計測器です。

 

 

ATLASゴルフスイングトレーナー GST-6

 

いずれにしても、ヘッドスピードを上げるためには、現状の自分のヘッドスピードを知る必要がある為に、上記の様な計測器を持っておく必要があります。価格は7000円位から販売されていますので、買っておいて損はないと思います。

 

ヘッドスピードはどうしたら上がるのか?

ヘッドスピードを上げる為には、1.筋力トレーニングをする。2.スイングの意識を変える。3.道具(クラブを変えて)を変える方法があります。時間がかかるものは、筋力トレーニングであり、次にスイング、すぐに結果を求めたいのであれば、クラブを変えるのが1番簡単です。

 

ドラコンチャンプが教える飛距離アップのノウハウはこちら

1.筋力トレーニングでヘッドスピードを上げる

一般の女子がどんなに早く振ろうととしても、一般の若い男子より早いヘッドスピードを出すことはできません。残念ながら、ヘッドスピードを出すには、ある程度基礎体力が必要になります。俗に言われる下半身と広背筋の筋力アップと上半身の柔軟性の向上が飛距離アップには欠かせません。

 

また、ゴルフのスイングの練習の時に、重たいもの、例えばクラブを2本持つ、野球のバットなどで素振りをし、終わった後に軽いもの、タオルなどで、素振りをするという方法です。週に3回ぐらいやれば、ヘッドスピードを上げるのには、かなり効果的な方法です。軽いものとして、クラブのヘッドの方を持ってグリップの方を下にする練習もオススメです。

 

 

2.スイングの意識を変えてヘッドスピードを上げる

確実にヘッドスピードを上げる方法を4つ紹介します。

1.下半身始動のスイングをする。

下半身始動のスイングができれば、上半身の力みがなくなり、スムーズにスイング出来る様になり、ヘッドスピードが上がります。

 

 

2.ヘッドが腰の辺りでグリップを追い越すイメージを持つ。

ボールに当たる瞬間(インパクトの瞬間)にヘッドスピードを上げようとしても、人間の脳が反応するまでのタイムラグにより、ヘッドスピードは上がりません。ヘッドが腰の辺りでグリップを追い越すイメージを持つぐらいのイメージでスイングできれば、インパクト以降に最速のヘッドスピードで出るようになり、飛距離も伸びる様になります。

 

3.左の壁を強く意識すると、ビハンドザボールの形になり、ヘッドが走る。

左の壁を意識すると、左への突っ込みがなくなり、その分ヘッドがフォロー側に抜けやすくなり、ヘッドスピードが上がります。

 

 

4.グリッププレッシャーを極端に弱くする。

グリッププレッシャーを極端に弱くしてみると、肩から腕の緊張がなくなり、スムーズにスイング出来る様になり、ヘッドスピードが上がります。

 

3.道具(クラブを変えて)でヘッドスピードを上げる

確実に効果があるのは、長尺クラブにする事です。ただし、クラブヘッドが重いもの(具体的には、ヘッドバランスがDバランスを超えるようなドライバー(例えばE1とかF1。通常のドライバーはD1程度)は、筋力がある程度ないと、せっかく長尺にしているのにヘッドスピードが遅くなってしまう事もあります。)

 

クラブを長尺にして、ヘッドバランスが軽いもの(D5位)であれば、クラブ1インチ長くすれば、ヘッドスピードは1m/秒は上がります。通常45インチのクラブで、ヘッドスピードが40の人が48インチのクラブを使用すれば、ヘッドスピードは43程度になります。しっかりとミートできれば15ヤードから20ヤード飛距離を伸ばす事が可能になります。

 

 

長尺ドライバーで飛ばす方法とは?

 

(5)ダフリとトップを治す方法

アイアンでトップしない簡単な方法とは

トップはなぜ出るのか?

トップは文字通り、ボールの頭を叩くミスのことですが、これはなぜ起こるのか。一番多い原因は、アドレスした状態からインパクトにかけて体が起き上がり、ヘッドがボールに届かなくなるからです。

 

体とボールの距離が遠くなると起きる症状で、前傾角度が保てないとトップは出やすくなります。ラウンド中に、急にトップが止まらなくなったら、体が起き上がっていると思って下さい。

 

また、トップするのは、池越えや左足あがり(打ち上げ)のホールなどで、どうちても弾道を高くしたい場合や右足に体重が残った形でインパクトした場合に起きやすいです。これは、球を高く上げようとすると右肩が下がってアッパーブローになり、スイング弧の最下点を過ぎてからボールに当たってしまうのです。

 

 

谷将貴ツアープロコーチのスコアアップノウハウはこちら

 

どうしたらトップが出なくなるのか?

(1)前傾角度のキープ

正しい前傾姿勢を作るとともに、なるべく前傾角度をキープするイメージでスイングすれば、上半身のブレが少なくなりトップは出なくなるはずです。どうしても欲張って飛距離を伸ばそうとすると、上半身に力が入ってしまうので、5ヤード短い距離をスイングするつもりで余裕のあるスイングを心がけて下さい。

 

 

 

(2)目線を低くし、すくい上げる意識ではなく、ダウンブローを意識する

池越えや左足あがり(打ち上げ)のホールでは、対策として球を高く上げたいと思う状況では、逆に目線を低くすることを意識して下さい。目線を高くすると必然的に左肩が上がってしまうので、視線を低く低弾道をイメージして打つ様な練習を行って下さい。

 

また、低弾道を打とうとすると体も伸び上がらないのでしっかりとしたインパクトをすることができるようになります。

 

アイアンでダフリを無くす簡単な方法とは

ダフリとは?

ダフリとは、ゴルフボールを打とうとして、ボールの手前の地面を打くこと。手前の芝を打ってしまう為、ボールにエネルギーが伝わらず、まったく飛ばないボールになってしまう。
 

なぜダフリが出てしまうのか?

アイアンショットの基本で説明したとおり、アイアンの場合、スイングの最下点はボールの先(ターゲット方向)になります。(赤い線の軌道)しかし、ダフリが出る場合は、青色の軌道でスイングの最下点がボールの手前になってしまう為、手前の芝をナイスショットしてしまうのです。

 

プロゴルファーのアイアンショットを見るとボールを打つと同時に芝(ターフ)も飛んで行きますが、これはボールの先の芝であり、ショートアイアンではナイスショットの見印にもなっています。初心者も芝を飛ばす方がいますが、ほとんどがボールの先ではなく手前の芝が飛んでいってしまっています。

 

 

 

 

曲げて攻めるアイアンのノウハウはこちら

 

どうしたらダフリが出なくなるのか?

(1)ハンドファーストのアドレスになっていますか?

ボールの先に最下点を作るには、アドレス時にハンドファーストの形になっていなければできないと言っても過言ではありません。ハンドファーストのアドレスが正しくできてるか確認してください。

 

 

 

(2)インパクト手前にハンドファーストになっていますか?

アドレスの次に重要な事は、インパクト手前にハンドファーストになっているかです。ただし、スイングを動画撮影しないとハンドファーストになっているかどうか、自分の感覚では分かりにくいので、携帯電話の動画撮影機能等を利用して確認してみて下さい。

 

(6)脱力する方法

ヘッドスピードを上げて、インパクト後にヘッドが加速するようなスイングをするには、アドレスからスイング中に「肩から腕にかけての脱力」が非常に重要になります。アドレス時に「飛ばしてやろう」と肩や腕に力が入っていては、絶対に良い結果に繋がりません。また、力を入れるのは簡単ですが、いざ脱力しようとすると、脱力することが非常に難しい事に気がつくはずです。

 

ゴルフで確実に脱力してスイングする3つのポイント

(1)まずは、6割くらいのスイングで良いと強く意識する。

 

 

 

 

実際にヘッドスピードの計測を行ってみると解りますが、100%でスイングしても、60%でスイングしてもヘッドスピードは、1から2程度しか変化がありません。また、100%でスイングすると方向性や安定性が悪くなりますが、60%くらいのスイングであれば、ゆとりができる為に方向性や安定性が格段に良くなります。

 

プロゴルファーが60%程度でスイングするのは、この結果を十分に理解しているからです。ちなみに肩から腕の脱力ができると柔軟性も格段に良くなり、100%の力でスイングした場合と比べるとヘッドスピードが2から3は確実に上がります。

 

力んでしまうと、ダウンスイングでコックが早くほどけてしまう為、ヘッドスピードの最速点がインパクトの手前になってしまう為にヘッドが走らなくなります。また、力んでしまうと体がターゲット方向にスエー(突っ込む)しやすくなり、フェースの芯でヒットすることが難しくなります。

 

(2)肩から腕、そしてグリップは重力で垂れ下がっている位の構えをする。ただし、下半身については、どっしりと構える。

詳しくは、下記の参考動画「安楽拓也ドラコンプロ」のアドレスを参照して下さい。上半身の脱力の方法やイメージが理解できると思います。(やなぎの枝から垂れている葉のようなアドレス。)

 

 

 

(3)スイング開始時に、肩から腕、そしてグリップに意識がいかないように、他の場所(部位)に意識を向ける。

アドレスでの脱力はコツさえつかめれば簡単に出来る様になりますが、スイング中の脱力は難しいです。そこでおすすめのドリルとしては、両手に軍手(滑り止め付き)をはめてスイングすることです。今までにどれだけグリッププレッシャーが強かったか体験できるはずです。

 

脱力してスイングできた場合

本当に脱力できた時、インパクト以降にヘッドが加速する事が体感でき、いままでに見たことのない打球を打つ事ができるようになります。

 

参考ドリル

参考ドリル1
ボールにヘッドを合わせるのは「右手」or「左手」、どっち?

 

参考ドリル2
体重移動「する」or「しない」、どっち?

 

参考ドリル3
“朝イチショットは切り返しで決まる!”

 

参考ドリル4
芯を喰うにはこの練習!

 

参考ドリル5
絶対スライス防止、これだけは…!

 

 

参考動画

参考動画1

参考動画2

参考動画3

参考動画4

参考動画5

スポンサードリンク


こんな記事も読まれています!


(1)ゴルフで確実に脱力してスイングする3つのポイントとは?
(2)ゴルフのオーバースイングの簡単な改善方法とは?
(3)誰でもできる!ドローボールの打ち方
(4)ヘッドスピードを確実に上げる6つの方法(飛距離を伸ばす方法)
(5)ゴルフ初心者が最短で100切りする為に必要な8つのポイントとは?
(6)ゴルフの上達には、自分の飛距離をしっかりと把握する!
(7)ゴルフ初心者が上達する為に必要な「6つのポイント」とは?
(8)もっと知りたい!ゴルフ雑学 厳選した10個の質問!
(9)ドライバーショット スライス防止の簡単な方法とは?
(10)誰でも簡単にできる!ロブショットのコツ
(11)アイアンでトップしない簡単な方法とは
(12)ゴルフは、練習場とコースでは、条件が違うを理解する!
(13)ゴルフスイング 飛距離アップに必要な3つのポイントとは?




トッププロのスイング動画


(1)松山 英樹プロ
(2)石川 遼プロ
(3)タイガーウッズ選手
(4)ジェイソン・デイ選手
(5)ロリー・マキロイ選手
(6)ダスティン・ジョンソン選手
(7)アーニー・エルス選手
(8)イ・ボミ選手
(9)渡邉彩香プロ
(10)リディア・コー選手
(11)ジェイミー・サドルフスキー「ドラコン世界王者」
(12)安楽拓也ドラコンプロ



 遠回りの練習で「時間」も「お金」も損してませんか? 各分野の達人のノウハウでスイングが劇的に変わります!


(1)谷原選手の連続優勝に貢献?ドラコン安楽プロのDVDとは?
(2)安楽・山田ドラコンプロが教える飛距離アップのノウハウ!
(3)女性のためのゴルフレッスンDVD
(4)谷将貴ツアープロコーチのスコアアップノウハウ
(5)ダウンブローの上達ノウハウ
(6)パット数減少のノウハウ
(7)90を切るためのテクニック
(8)アプローチ上達のノウハウ
(9)曲げて攻めるアイアンのノウハウ
(10)100切りの為のノウハウ






おすすめの関連サイトもご覧下さい!

アイアンを徹底分析!アイアン大全集はこちらです!
ドライバーを徹底分析!ドライバー大全集はこちらです!
ゴルフギアを徹底分析!ゴルフギア大全集はこちらです!
ゴルフ場予約サイトを徹底分析!おすすめのゴルフ場予約サイトはこちらです!
ゴルフ業界を徹底分析!ゴルフ業界リンク集はこちらです!


スポンサードリンク