ゴルフ初心者が100切りの為に練習場で行うべき7つのポイントとは?

ゴルフ初心者が「100切り」の為に練習場で行うべき7つのポイントとは?

ゴルフ初心者が「100切り」の為に、練習場で行うべき7つのポイントを紹介します。

(1)アドレスの確認
(2)目標(ターゲット)を決める
(3)同じクラブは2回まで
(4)アプローチや100ヤード以内のショットの練習を増やす
(5)打席を変えてみる
(6)弾道測定器を使う
(7)ルーティーンを決める

 

 

(1)アドレスの確認

スイングの問題の80%以上がアドレスにあるとと言われるほど、アドレスは重要です。どんなに良いスイングをしても、アドレスが悪ければ、ナイスショットになりません。スイングはプロレベルになるには、長い時間と練習が必要ですが、アドレスはプロレベルになるのはスイングほど難しくありません。

 

打つ前からナイスショットできないアドレスをしていたのでは、いくらスイング練習しても無駄になってしまいます。正しいアドレスは、ゴルフの基本中の基本ですので、練習場でしっかり習得しましょう。

 

アドレスの基本と脱力する方法!

 

ドライバーショットの基本 ボールの位置で弾道が変わる?

 

ドライバーショットの基本 体重の配分で弾道が変わる?

 

しっかり理解!アイアンショットの基本 

 

 

(2)目標(ターゲット)を決める

ゴルフは狙った場所にボールを打つスポーツです。練習場でボールを打っていると「真っ直ぐの弾道」か「スライス」か「フック」かなど、曲がりを気にする初心者が多いですが、もっと大切なことはどんな球筋であれ、狙った場所に打てるかということです。

 

闇雲にストレートボールを追い求めても、コースでは良い結果は得られません。練習場でのショット練習でも必ず目標(ターゲット)を決めて打つ練習が上達への近道になります。例えばドライバーショットの練習ならば、あの柱とあの柱の間を狙って打とうとか、アイアンショットの練習ならば、左側にある150ヤード先のグリーンを7番アイアンで狙うとかが上達への近道になります。

 

 

 

(3)同じクラブは2回まで

実際にコースでは、同じクラブを続けて打つのは「打ち直し」か、「同じ距離を2度打つ」ケースぐらいしかないです。練習場でもコースラウンドを想定して練習する事がゴルフ上達への近道です。ある程度得意なクラブで集中的に練習してスイング感やショット感を取り戻したなら、ラウンドを想定した練習が効果的です。

 

具体的には、ドライバーを打ち、自分が狙ったターゲットに対して、左右で40〜50ヤード以内に収まっていれば、次のクラブの練習をします。もし、ドライバーがOBのようなショットであれば、もう1度練習します。この時、380ヤードのパー4をラウンドしているというような本番のラウンドを想定して行います。

 

実際にゴルフ場に行った時に、スコアカードを2.3枚余分にもらって練習場で「仮想ラウンド」に使用することをおすすめします。仮想ラウンドのポイントは、「同じクラブは2回以上使わないこと」と「目標(ターゲット)」を毎回変えることです。

 

このような練習を行うことで、ゴルフの基本である正しいアドレス(ターゲットに対してスクエアに構えることができるのか)の練習にもなりますし、同じクラブを使用しないと「力みが解消」されて、良いスイングになります。また、ミスショットをしてもリカバリーできれば何とかなるという考えも身に付きます。

 

プロゴルファーであっても、1ラウンド中に満足できるショットは2.3球程度といわれています。初心者が毎回満足できるショットが出る確率は少なくて当たり前と考えてプレーできれば、体から「力み」が無くなり、良い結果に繋がることが多くなります。

 

 

 

(4)アプローチや100ヤード以内のショットの練習を増やす

ジャックニクラウスの名言の一つに「ゴルフのラウンドで120ヤード以内のショットの割合は70%以上である。だから、アプローチとパットを重点的に練習することが大切である。」という言葉があります。また、アベレージゴルファーがパーオンできるホールは1ラウンドで3から5回程度と言われています。

 

つまり、大半のホールでグリーン周りからのアプローチが残ってしまうという状況になっています。ゴルフでスコアアップを目指しているのであれば、1ラウンド中に多く使用するクラブに練習の時間を割くのが効果的になります。

 

プロゴルファーとアマゴルファーの決定的な違いは、100ヤード以内の精度と言われています。プロゴルファーや片手シングルで「アプローチ」や「パター」が下手な方はほとんどいません。ゴルフ上達を真剣に考えているのであれば、100ヤード以内の精度を向上させることは最も重要なポイントと言えます。

 

 

 

(5)打席を変えてみる

1階が良いのか?2.3階が良いのか?

混雑している練習場の場合には、希望の打席で練習できない事が多いですが、選択が可能であれば目的に応じて打席を選んだ方が練習が効果的になります。ゴルフ練習場は、基本的には1階の中央が一番人気があり、中・上級者が練習している場合が多いです。

 

ただし、1階打席だと長めのショットの落下地点が見えにくい練習場もあるので要注意です。本当のゴルフ場でもティーショットの位置はちょっと高めの場所にあることが多いので、ティーショットだけを考えると2階打席でもよいかもしれません。

 

一方で、アプローチを想定すると1階打席の方がラウンドの状況に近いので、たくさんアプローチ練習をしたいという場合は1階打席が良いでしょう。また、基本的に2・3階へと上に上がるにつれて料金が安くなります。

 

左・中央・右どこが良い?

目的をもって練習する場合は、左か右に寄って練習するのが効果的といわれています。一般的には右寄りの打席は右のネットが近いので右に打ち出しにくくフックの矯正に向いており、逆に左寄りの打席は左のネットが近いので左に打ち出しにくくスライスの矯正に向いているといわれています。

 

また、他人の目線が気になるゴルファーは、一番左の打席を選べば見られる頻度は減ります。逆に、シャンクが多発するゴルファーは一番右の打席であれば安心してシャンクを打てます。それから、一番右の打席の特権としては鏡でフォームのチェックができます。

 

ただし、打席側が「Uの字の練習場」の場合は、左右の端になるにつれてアドレスに違和感を感じやすくなる(奥のネットに対してスクエアに構えることができない為)ので、ネットに対して垂直にアドレスできる場所で練習するこをおすすめします。

 

 

 

(6)弾道測定器を使う

弾道測定器とは?

自分のスイングを正確な数値で把握し、スコアアップにつながる効果的な練習ができます。地面にポンと置くだけで、ヘッドスピード、ボール初速、ミート率、そして飛距離(正確には推定飛距離)が瞬時に測れます。

 

ヘッドスピード測定器を詳しく見る!

 

 

 

弾道測定器を使うメリット

(1)自分のスイングの結果を「数字」で確認できるので、目標設定や「日々の成果」を確認しやすい。

 

(2)ゴルフスイングで重要な「脱力」の大切さを身をもって理解できる。(力んだ場合には、ヘッドスピードとボール初速が遅くなってしまう。逆に脱力できた場合には、ヘッドスピードとボール初速が上がります。)

 

(3)機種によっては、仮想ラウンドができるので効果的な練習ができる。

 

(7)ルーティーンを決める

ルーティーンとは?

ゴルフ初心者の大半の方は、練習場で、同じアドレスからたくさんのボールを打ちます。打席を外すことなく練習します。打席を外すのは「番手を替える時」や「打ち疲れた時」くらいではないでしょうか。

 

ルーティーンとは、ゴルフのラウンドで自分の打順になってから、ショットが完了するまでの一連の流れのことを指します。

  1. ボールの後方に立って目標を決めます
  2. ボールの近くで、1回軽く素振りを行います
  3. アドレスの作り方はフェースと飛球線を直角になるように合わせます
  4. スタンスの位置を決めてアドレスを作ります
  5. ボールを打ちます

 

毎回同じルーティンを持つことで今からショットするということを体にも脳にも伝えることが出来ますし、毎回同じルーティンにすれば極力同じようにアドレスを作ることにも繋がります。

 

そうしたルーティンを練習場で確立しておいて、さらに練習時にも毎回行うことで本番のコースでも練習さながらにショットを行うことが出来ますので、力みを取るためにも良い練習になります。本番ラウンドの直前の練習であれば、1球目からルーティーンを意識して行うことでより「ラウンドに効果的な練習」になります。

 

 

 

参考ドリル

参考ドリル1

飛距離アップ&コントロールショットはアドレスで作る!

 

参考ドリル2

自然なグリップで再現性の高いスイングを手に入れる!

 

参考ドリル3

正しいアドレスを身につけミスを撲滅!

 

参考ドリル4

バシッとアイアン飛距離アップ!

 

参考ドリル5

飛ばそうとするほど飛ばなくなる原因

 

 

参考動画

参考動画1

 

参考動画2

 

参考動画3

 

参考動画4

参考動画5

スポンサードリンク


こんな記事も読まれています!


(1)ゴルフで確実に脱力してスイングする3つのポイントとは?
(2)ゴルフのオーバースイングの簡単な改善方法とは?
(3)誰でもできる!ドローボールの打ち方
(4)ヘッドスピードを確実に上げる6つの方法(飛距離を伸ばす方法)
(5)ゴルフ初心者が最短で100切りする為に必要な8つのポイントとは?
(6)ゴルフの上達には、自分の飛距離をしっかりと把握する!
(7)ゴルフ初心者が上達する為に必要な「6つのポイント」とは?
(8)もっと知りたい!ゴルフ雑学 厳選した10個の質問!
(9)ドライバーショット スライス防止の簡単な方法とは?
(10)誰でも簡単にできる!ロブショットのコツ
(11)アイアンでトップしない簡単な方法とは
(12)ゴルフは、練習場とコースでは、条件が違うを理解する!
(13)ゴルフスイング 飛距離アップに必要な3つのポイントとは?




トッププロのスイング動画


(1)松山 英樹プロ
(2)石川 遼プロ
(3)タイガーウッズ選手
(4)ジェイソン・デイ選手
(5)ロリー・マキロイ選手
(6)ダスティン・ジョンソン選手
(7)アーニー・エルス選手
(8)イ・ボミ選手
(9)渡邉彩香プロ
(10)リディア・コー選手
(11)ジェイミー・サドルフスキー「ドラコン世界王者」
(12)安楽拓也ドラコンプロ



 遠回りの練習で「時間」も「お金」も損してませんか? 各分野の達人のノウハウでスイングが劇的に変わります!


(1)谷原選手の連続優勝に貢献?ドラコン安楽プロのDVDとは?
(2)安楽・山田ドラコンプロが教える飛距離アップのノウハウ!
(3)女性のためのゴルフレッスンDVD
(4)谷将貴ツアープロコーチのスコアアップノウハウ
(5)ダウンブローの上達ノウハウ
(6)パット数減少のノウハウ
(7)90を切るためのテクニック
(8)アプローチ上達のノウハウ
(9)曲げて攻めるアイアンのノウハウ
(10)100切りの為のノウハウ






おすすめの関連サイトもご覧下さい!

アイアンを徹底分析!アイアン大全集はこちらです!
ドライバーを徹底分析!ドライバー大全集はこちらです!
ゴルフギアを徹底分析!ゴルフギア大全集はこちらです!
ゴルフ場予約サイトを徹底分析!おすすめのゴルフ場予約サイトはこちらです!
ゴルフ業界を徹底分析!ゴルフ業界リンク集はこちらです!


スポンサードリンク