ゴルフのグリップの基本をわかりやすく解説!

ゴルフのグリップの基本をわかりやすく解説!

グリップはクラブとプレイヤーをつなぐ唯一の接点です。ゴルフクラブをどのように握るかは重要な問題です。ビギナーの中には、このグリップを意識せず握ってしまう人もいます。しかし、上級者になるほど、自分のグリップスタイルを持っています。

 

それは、グリップがスコアアップにも飛距離アップにも大切だということがわかっているからです。ゴルフのグリップの握り方は、大きく分けて3種類あります。全部試してみて、一番しっくりくる握り方でプレーしましょう。

 

握り方について(3種類)

 

 

 

(1)オーバーラッピング

最もポピュラーなのは、オーバーラッピングという握り方です。これは、左手の人差し指と中指の間に右手の小指を乗せる方法で、両手でクラブを包み込むような握り方です。また、右手の感覚で打つことができるのも、オーバーラッピングの握り方の特徴です。

 

 

(2)インターロッキング

次に多いのが、インターロッキングという握り方です。これは、左手の人指し指と中指の間に右手の小指を絡める握り方です。オーバーラッピングと逆で、右手の影響をほとんど受けません。そのため、方向性に優れている握り方とされ、プロの中でもパワーヒッターのプレイヤーが採用しています。

 

腕力に自信のある人や手が小さい人に、おすすめの握り方です。また、オーバーラッピングと違って、両手が固定できるので、グリップが崩れることなく安定しているという利点もあります。

 

(3)テンフィンガー(ベースボール)

最後に、全く両方の手が重ならない握り方として、ベースボールという握り方があります。別名テンフィンガーとも呼ばれており、10本の指が全く重ならない握り方です。野球のバットと同じ握り方という意味で、ベースボールといわれています。

 

この握り方は、両手でしっかりと握れるうえ、力を入れずにスイングできるので、あまり筋力のないプレイヤーにも向いています。また、手首のコックを使って飛距離が出しやすいともいわれています。

 

球筋に大きく影響するグリップの向きについて(3種類)

グリップを握ると、右手の親指と人差指の間に「V」の字ができます。このVの字の向きで球筋が決まってしまうと言っても過言ではありません。グリップの向きは3種類あります。

 

 

 

(1)スクエアグリップ

ゴルフグリップは「必ずこのグリップでなければならない」というものはありません。しかし、個性的なグリップをしていると、スイングもとても個性的なスイングをしなければ、ボールが真っすぐ飛ばないという現象が起きてきます。

 

綺麗なスイングフォームで、しっかりボールを飛ばしたい方はスクウェアグリップを選ぶようにしましょう。正しいスクウェアグリップが身に付くと、持ち球はほとんど曲がらない、ストレートボールになります。

 

(2)ストロンググリップ

ストロンググリップのメリットは、スライスが出にくくなり、飛距離が出しやすいという点です。反対にデメリットは、ひっかけやチーピンが出やすいこと、正しいアームローテーションが身に付きにくいことです。

 

ストロンググリップは、別名フックグリップとも呼ばれます。構えた段階から自然にフェースが閉じた状態になります。そのため、スライスで悩んでいる方には効果的なグリップです。

 

(3)ウェークグリップ

ウィークグリップのメリットは、スライス系のボールが打てるという点です。ウィークグリップでは構えた段階からフェースが開き気味になっているため、インパクトの瞬間もフェースが右を向いた形になり、スライスボールが出やすくなります。どうしてもフックボールが出過ぎてしまう方は、試す価値があるでしょう。

 

 

参考ドリル

参考ドリル1

グリップ「ユルユル」or「ギュッ」、どっち?

 

参考ドリル2

正しいグリッププレッシャーでヘッドスピードUP

 

参考ドリル3

アドレスとグリップでスイング安定度UP!

 

参考ドリル4

グリップとスイング軸の密接な関係性

 

参考ドリル5

 

参考動画

参考動画1

 

参考動画2

 

参考動画3

 

スポンサードリンク


こんな記事も読まれています!


(1)ゴルフで確実に脱力してスイングする3つのポイントとは?
(2)ゴルフのオーバースイングの簡単な改善方法とは?
(3)誰でもできる!ドローボールの打ち方
(4)ヘッドスピードを確実に上げる6つの方法(飛距離を伸ばす方法)
(5)ゴルフ初心者が最短で100切りする為に必要な8つのポイントとは?
(6)ゴルフの上達には、自分の飛距離をしっかりと把握する!
(7)ゴルフ初心者が上達する為に必要な「6つのポイント」とは?
(8)もっと知りたい!ゴルフ雑学 厳選した10個の質問!
(9)ドライバーショット スライス防止の簡単な方法とは?
(10)誰でも簡単にできる!ロブショットのコツ
(11)アイアンでトップしない簡単な方法とは
(12)ゴルフは、練習場とコースでは、条件が違うを理解する!
(13)ゴルフスイング 飛距離アップに必要な3つのポイントとは?




トッププロのスイング動画


(1)松山 英樹プロ
(2)石川 遼プロ
(3)タイガーウッズ選手
(4)ジェイソン・デイ選手
(5)ロリー・マキロイ選手
(6)ダスティン・ジョンソン選手
(7)アーニー・エルス選手
(8)イ・ボミ選手
(9)渡邉彩香プロ
(10)リディア・コー選手
(11)ジェイミー・サドルフスキー「ドラコン世界王者」
(12)安楽拓也ドラコンプロ



 遠回りの練習で「時間」も「お金」も損してませんか? 各分野の達人のノウハウでスイングが劇的に変わります!


(1)谷原選手の連続優勝に貢献?ドラコン安楽プロのDVDとは?
(2)安楽・山田ドラコンプロが教える飛距離アップのノウハウ!
(3)女性のためのゴルフレッスンDVD
(4)谷将貴ツアープロコーチのスコアアップノウハウ
(5)ダウンブローの上達ノウハウ
(6)パット数減少のノウハウ
(7)90を切るためのテクニック
(8)アプローチ上達のノウハウ
(9)曲げて攻めるアイアンのノウハウ
(10)100切りの為のノウハウ






おすすめの関連サイトもご覧下さい!

アイアンを徹底分析!アイアン大全集はこちらです!
ドライバーを徹底分析!ドライバー大全集はこちらです!
ゴルフギアを徹底分析!ゴルフギア大全集はこちらです!
ゴルフ場予約サイトを徹底分析!おすすめのゴルフ場予約サイトはこちらです!
ゴルフ業界を徹底分析!ゴルフ業界リンク集はこちらです!


スポンサードリンク