ドライバーショットの基本 ボールの位置で弾道が変わる?

ドライバーショットの基本 ボールの位置で弾道が変わる?

基本

 

 

アドレスでのボールの位置は重要で様々なミスが起こる原因にもなりますし、飛ばすために必要なパワーを正しくボールに伝えることが出来なくなるといったこともあります。

 

左足かかとの線上がドライバーのスタンスの基本になりますが、これはちょうど左脇の下の前に当たり、左脇を締めてスイングする際に最も力を入れることが出来る地点になります。

 

この位置を基本にして少しづつボールの位置を変更し自分にあったボールの場所を見つけることが球筋の安定と飛距離にもつながることになります。

 

しかし、体が硬い人は「左足かかと線上」でもヘッド軌道がインパクトに間に合わず、「あおり打ち」の原因になってしまいます。そういう方は、もう少し飛球線側にボールを置いてみたり、少しクローズスタンスにしてヘッドが下から入らないようにするなど工夫してみてください。

 

また、アドレス時に体の軸が右側に傾く方は、ボールを左足かかとの線上の右側にセットしましょう。

 

 

 

 

参考ドリル

参考ドリル1

ドライバーのスタンス幅「広め」or「狭め」、どっち?

 

参考ドリル2

スタンスを直せば30ヤード伸びる!?

 

参考ドリル3
スライスから抜け出せなくなる過程!

 

参考ドリル4
参考ドリル5

 

参考動画

参考動画1

 

参考動画2

 

参考動画3

スポンサードリンク


こんな記事も読まれています!


(1)ゴルフで確実に脱力してスイングする3つのポイントとは?
(2)ゴルフのオーバースイングの簡単な改善方法とは?
(3)誰でもできる!ドローボールの打ち方
(4)ヘッドスピードを確実に上げる6つの方法(飛距離を伸ばす方法)
(5)ゴルフ初心者が最短で100切りする為に必要な8つのポイントとは?
(6)ゴルフの上達には、自分の飛距離をしっかりと把握する!
(7)ゴルフ初心者が上達する為に必要な「6つのポイント」とは?
(8)もっと知りたい!ゴルフ雑学 厳選した10個の質問!
(9)ドライバーショット スライス防止の簡単な方法とは?
(10)誰でも簡単にできる!ロブショットのコツ
(11)アイアンでトップしない簡単な方法とは
(12)ゴルフは、練習場とコースでは、条件が違うを理解する!
(13)ゴルフスイング 飛距離アップに必要な3つのポイントとは?




トッププロのスイング動画


(1)松山 英樹プロ
(2)石川 遼プロ
(3)タイガーウッズ選手
(4)ジェイソン・デイ選手
(5)ロリー・マキロイ選手
(6)ダスティン・ジョンソン選手
(7)アーニー・エルス選手
(8)イ・ボミ選手
(9)渡邉彩香プロ
(10)リディア・コー選手
(11)ジェイミー・サドルフスキー「ドラコン世界王者」
(12)安楽拓也ドラコンプロ



 遠回りの練習で「時間」も「お金」も損してませんか? 各分野の達人のノウハウでスイングが劇的に変わります!


(1)谷原選手の連続優勝に貢献?ドラコン安楽プロのDVDとは?
(2)安楽・山田ドラコンプロが教える飛距離アップのノウハウ!
(3)女性のためのゴルフレッスンDVD
(4)谷将貴ツアープロコーチのスコアアップノウハウ
(5)ダウンブローの上達ノウハウ
(6)パット数減少のノウハウ
(7)90を切るためのテクニック
(8)アプローチ上達のノウハウ
(9)曲げて攻めるアイアンのノウハウ
(10)100切りの為のノウハウ






おすすめの関連サイトもご覧下さい!

アイアンを徹底分析!アイアン大全集はこちらです!
ドライバーを徹底分析!ドライバー大全集はこちらです!
ゴルフギアを徹底分析!ゴルフギア大全集はこちらです!
ゴルフ場予約サイトを徹底分析!おすすめのゴルフ場予約サイトはこちらです!
ゴルフ業界を徹底分析!ゴルフ業界リンク集はこちらです!


スポンサードリンク